体重身体測定のコツはこれだ 

正確な体重測定のコツは、必ず同じ時間、つまり朝起きて尿をした後すぐに行うべきである。
そして、必ず裸になって測ることだ。その時間を逸すれば、正確な体重結果が得られないし、それまで積み上げてきたデーターに狂いが生ずるからである。決まった時間以外に体重を測定してはならない。いい加減な時間に体重を測ったりしていては、ご自身の士気にも影響しよう。
そうはいっても、誘惑には勝てない。目方が気になって、始終体重を測ってみたい欲求に駆られるものだ。体重計が置いてさえあれば、のべつまくなしにご自身の体重を測っている人が見受けられる。
体重を測るのならむろん朝食をとる前にだが、朝起きて尿をした後にするべきである。それを習い性にすればよい。効果のあるダイエット成功計画を成功をするポイントの一つである。
ここで注意をいていただきたいのは、いくらダイエットで体重を減らすという気持ちがのっているとはいえ、すぐには身体がその気持ちについてくるわけではない。だから、身体を気持ちに合わせることが肝要である。毎日体重が減る訳ではない。、もしそうであったら、何か重大な病気にやられている証拠である。
反対に、もりもり食べていたときでも、毎日体重が増えたわけではない。肥ったような感じがしたにしても、もし本当に体重が増えていったら、すぐにドアを通り抜けることができなくなってしまう。
仮に体重を測ったとしても、恐らくほんの僅かしか増えていないだろう。つまり、体重が漸増しては止み、漸増しては止みの繰り返しであるからだ。
いま言った停止した状態を横ばいという。横ばい状態から減量し、また横ばい状態から減量をするというように。それを繰り返していくのである。
たとえ、目方が減ったことが体重計に表れなくても、ダイエットをきちんと守っているかぎり、必ず横ばい状態から減量状態に移行することができるだろう。
ダイエットに挑戦をする場合、がっかりする人が多いが、それはこうした論理を知らないからである。 あせらずに、努力をしていけば、必ずいい結果が得られるものである。ダイエットに挑むのに、あせっては時間の無駄である。性急になっては、かえって肥ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です