月別アーカイブ: 2017年10月

ダイエットをしていることは他人に漏らさない

口は禍の元である。無闇に他人に漏らさないようにしよう。ダイエットをするのに友人はいらない。
友人といったら、恐らく全部ダイエットのエキスパートであるにちがいない。何とかして、やせようと試みた人が大半であろう。
やせる努力をしたものの、さっぱり効果がなかったのに、そういう友人と付き合っていたら、下手なやり方を押し付けられるのが関の山である。みんな、ひとかどの”権威”になっているつもりでいるにすぎない。かりに、やせてほっそりとした友人がいたとしよう。たぶん、必死になってダイエット成功のために努めている人のことなど考えたこともないだろうから、最初にあなたがわずかに体重が減ったのをみて、そんな無茶な計画は止めろというかもしれない。「そんなことをしていたら病気になるわよ」と、恐れおののいた(~_~)をされるにきまっている。
コレに負けたら、元の木阿弥だ。何でも食べ放題だった昔の自分に、又戻ってしまうことになる。
もし、友人に肥った人がいたら、現在自分が取り組んでいるダイエットメニューをその友人にすすめてみたくなるかもしれない。しかし、いくら肥っているとはいえ、その友人は必ずしも減量したいと思っているとは限らない。
自分からやる気がないか、別にダイエットをしたくないかのどちらかである。
そうした肥った友人というのは、あなたがやせていけばいくほど、尚のこと太って見えるものだ。その人たちにすれば、自分が減量してやせることより、あなたをやせさせないように邪魔をすることのほうがもっと簡単だろう。
もし、その友人の言うなりになっていたら、疑心暗鬼に駆られて、せっかく励行してきたあなたのダイエット計画も駄目になる。
ダイエットをしていることをだれからも知られないで、ダイエットに挑んでいくにはどうしたらよいか。
それには、思いつくかぎり珍奇な口実、つまり、できだけ個人的な理由をもうけることだ。
個人的な理由があればあるほど、他人から煩く聞かれる心配はなくなる。
自分の体重というのは、まったく自身の個人の問題であるべきだが、その自身の体重なのに、えてして他人の関心の的になりやすいものである。
いずれにしても、どんな口実をもうけるにしろ、自身から笑ったり、冗談めいた口調で言ってはならない。ダイエットをすることは真面目な問題だ。周囲の人間からダイエット計画を邪魔されてばかりいたのでは、やせるどころか肥る一方である。
あなたが高い望みを抱いていて、それを他人に話す場合など、否定的な返事がかえってきたときくらいギャフンとさせられるものはない。だが、そんなことで意気を消沈することはない。それも始めのうちだけのことで終るからだ。
できたら、家族のだれかに”番犬”になってもらう。
もし、あなたがダイエットにくじけそうになったら、”番犬”役にやんわりと注意をしてもらうようにする。
番犬役はあまり、ガミガミと言わないように注意をしなければいけない。

身体各部を測定の正しくする

身体各部を測定するというわけは、たとえ体重が減少しなくとも、横ばい状態においてどういうことが起こっているかを探るためである。
測定部位は次の各所だが、むろん裸で行う。メジャーは洋裁用の巻尺を使うといいでしょう。
☆胸  (乳首の上から)
☆腹 (へそを中心に)
☆尻 (股関節の周囲)
☆両腿 (膝と鼠頚部の中間)
こうして身体各部を測定したときには、きっとびっくりするにちがいない。測定した各部は細くなっているのに体重が減っていなかったり、逆に体重が減っているのに各部は細くなっていなかったり、全く不思議だ。まるで、数字ゲームでも見ているようで面白いですよ。
このように、身体各部を測定して役に立つことは、自分の体内で何が起こっているかがわかることである。
ダイエットが効き始めると、脂肪はエネルギーに欠くことのできない糖分に変わる。こうして、脂肪から分解された糖分は、次に肝臓に貯蔵される。これが糖原質すなわちグリコーゲンである。
そして、このグリコーゲンは血液中に出て燃焼し、エネルギーを発する。糖分は肝臓に貯蔵されても、脂肪ほど”場所”をとらないうえ、重さに変化は生じない。それで、測定した各部は細くなっても、体重には何の変化もないと思い込み、がっかりして、ダイエットをあきらめてしまうことがある。
ところが、諦めたその日に、体重が減り始めることがある。要するに体重計というのは、全てを語ってはくれないということだ。
このことを知っておきましょう。ダイエット成功秘訣の重要なポイントです。

体重身体測定のコツはこれだ 

正確な体重測定のコツは、必ず同じ時間、つまり朝起きて尿をした後すぐに行うべきである。
そして、必ず裸になって測ることだ。その時間を逸すれば、正確な体重結果が得られないし、それまで積み上げてきたデーターに狂いが生ずるからである。決まった時間以外に体重を測定してはならない。いい加減な時間に体重を測ったりしていては、ご自身の士気にも影響しよう。
そうはいっても、誘惑には勝てない。目方が気になって、始終体重を測ってみたい欲求に駆られるものだ。体重計が置いてさえあれば、のべつまくなしにご自身の体重を測っている人が見受けられる。
体重を測るのならむろん朝食をとる前にだが、朝起きて尿をした後にするべきである。それを習い性にすればよい。効果のあるダイエット成功計画を成功をするポイントの一つである。
ここで注意をいていただきたいのは、いくらダイエットで体重を減らすという気持ちがのっているとはいえ、すぐには身体がその気持ちについてくるわけではない。だから、身体を気持ちに合わせることが肝要である。毎日体重が減る訳ではない。、もしそうであったら、何か重大な病気にやられている証拠である。
反対に、もりもり食べていたときでも、毎日体重が増えたわけではない。肥ったような感じがしたにしても、もし本当に体重が増えていったら、すぐにドアを通り抜けることができなくなってしまう。
仮に体重を測ったとしても、恐らくほんの僅かしか増えていないだろう。つまり、体重が漸増しては止み、漸増しては止みの繰り返しであるからだ。
いま言った停止した状態を横ばいという。横ばい状態から減量し、また横ばい状態から減量をするというように。それを繰り返していくのである。
たとえ、目方が減ったことが体重計に表れなくても、ダイエットをきちんと守っているかぎり、必ず横ばい状態から減量状態に移行することができるだろう。
ダイエットに挑戦をする場合、がっかりする人が多いが、それはこうした論理を知らないからである。 あせらずに、努力をしていけば、必ずいい結果が得られるものである。ダイエットに挑むのに、あせっては時間の無駄である。性急になっては、かえって肥ってしまう。

ダイエットの基礎知識 

正しい体重の測定法から食事に関するからだのメカニズムまで細かくレポートいたします。
肥満、塩分の取りすぎ、危険なダイエットとは?基礎知識としてレポートをご活用ください。
① 狂いのない体重計を求める
本当に驚いてしまうのだが、がたの来た体重計だとか、安物の体重計を使っている人が多いことだ。
ダイエットは、コレだけ目方が減ったかを正確に計ることであって、当てずっぽうに測るのではない。
そんな体重計を相手にしていたのでは、ダイエット計画の成功はおぼつかない。
狂った体重計というのは、時間の無駄で、それを使うというのは自分に嘘をついていることになる。
体重計を狂いなく維持をするには、二つの方法がある。
一つは、使用するごとにチェックをすることだ。大半の人は、判で押したように、ぜんまい秤をつかっている。しかも、浴室においているから、すぐに湿気にやられやすく、いずれ又別のを買い求めなくてはならない。
むろん、ぜんまい秤でも十分だが、ただ、どうせ買うのなら、高級なものがよい。
とにかく、正確な体重計を買うことにしよう。体重計も素直にあなたの努力に応えてくれるにちがいない。  体重計を狂いなく維持できるもう一つの方法は、そもそも、ぜんまいばかりを使わないようにする。
病院にあるような天秤型のはかりが最適だ。値段は少し高く、場所も余計にとるが、目盛りを調整する必要がほとんどないうえ、長持ちの点でもはるかに優れている。
何度使っても故障はしない。このはかりを買っても、恐らく損はしないだろう。