ETCパーソナルカードとその特徴

ETCパーソナルカードの特徴は、クレジットカード契約をしないお客さまにもETCをお使いいただけるよう、東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカードで、有料道路の 通行料金のお支払いに限定されたカードです。要するに、何らかの事情がありクレジットカードの発行ができない方はETCカードの発行ができないわけですが、このETCパーソナルカードの場合は、クレジットカードがなくても、ETCカードが作れるというものです。しかし、このカードを作るには、預託金という保証金(デポジット)を最初に指定の口座に入金して頂く必要があります。これは、高速道路料金には充当されませんが、退会した時には全額が返金されるものです。預託していただくデポジット額は、平均利用月額を5千円単位で切り上げた額(1万円未満の場合は1万円とします)を4倍した額と、年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額とを比較し、いずれか高い額をデポジットとして預託していただきます。平均利用月額が4,500円の場合は、切り上げで計算して、月額が1万円として計算します。そして2万円をプラスした郷家学6万円が年間の預託金となるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です