かに」カテゴリーアーカイブ

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。
六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、日本各地で食用として重んじられてきました。
そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するのが基本的な楽しみ方です。
また、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。
味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店頭あるいは通販で入手する方法のほか、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。
美味しく蟹が食べられるような温泉地も存在しているのです。
ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、旬の時期には温泉だけでなく蟹の味覚も楽しめることと思います。
そうは言っても、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、時期を選ぶのが蟹ですので、きちんといい時期を狙って行きましょう。
蟹通販の利用時、ネックがあるとすれば、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。
蟹通販を利用したことがなければ、宅配便で送られる蟹など鮮度は信用できないと思っているかもしれません。
でも、実を言うと、蟹通販に関してそういう心配はほぼ必要ありません。
蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なお店で売られている蟹よりもむしろずっと鮮度の高い蟹が届くわけです。
蟹通販では美味しい蟹をお得に取り寄せることができます。
蟹通販をお得に利用しようと思えば、丸ごと購入するのが一番いいでしょう。
蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが特に安いという印象があるかもしれませんが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでも十分安く買えることが多いです。
せっかくの旬の蟹ですから、その旨みを味わい尽くすには、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。
丸ごと茹でなら、蟹が持つ風味や味わいを損なわず、濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。
かなり多くの方が、食べ放題の蟹といえば不味いものの代名詞であると思っているでしょう。
実は私もかつてはそうでした。
でも、中には例外もあります。
最近では、ただ安いだけでなく、美味しい蟹を食べられる食べ放題もあります。
蟹専門の料理店や、北海道など蟹の名産地での食べ放題でなら、品質、新鮮さともに申し分ない蟹をふんだんに振る舞ってくれます。
とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方はブランドのお墨付きをもらった蟹を選ぶのが最適ということになるでしょう。
高級とされるブランド蟹にも産地や品種など様々なブランドがあるので、蟹通販の初心者の方は、一度、食べ比べて味を比較してみましょう。
特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。
この蟹は、繊細な風味や、強い甘みを持った味わいで知られ、また蟹ミソも濃厚な味で絶品です。
甲羅の表面がツルツルしており、またタラバ蟹などと比べると小さめなのが外見上の特徴として挙げられます。
料理に蟹を使うとき、蟹の保存状態に合わせた注意点があります。
いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、冷凍してある蟹の解凍の方法です。
一般的に多くなされる方法が解凍の時間が勿体ないからと、水の中に蟹を入れてしまうことがあります。
そうしてしまうと、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。
蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲蟹があります。
皆さんはご存知でしょうか。
ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。
ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には柔らかさもあって味は絶品と言われ、身肉のぎっしり詰まった、大型サイズの蟹としても知られています。
夏には早くも旬を迎え、秋頃まで美味しいとされているので、一度試してみてはいかがでしょうか。
お知り合いや、お世話になった方に、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。
ですが、油断は禁物です。
生鮮食品ですから、鮮度が落ちるとそれだけ美味しくなくなりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。
そうしたリスクを回避するには、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。
相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて送ることも忘れてはなりません。
蟹通販で蟹を買うのはいいものです。
しかし、美味しく味わうには、ご家庭でも、正しい手順で調理する必要があるのです。
ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。
そこで、蟹をうまく茹でるための方法を把握しておくことで全てが決まると言ってもよいでしょう。
蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、鍋のサイズを妥協しないことです。
大きめの鍋を使い、蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。
蟹をさばくのは難しいものです。
活蟹のさばき方を簡単にご説明します。
はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。
そして、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。
包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。
その後、甲羅から足を取り外します。
腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。
胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。
甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。
ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくという手順です。
慣れれば早くさばけるようになりますよ。
蟹の激安通販という言葉に釣られる人は意外とたくさんいるように見受けられます。
その名の通り激安なので、一見、メリットだらけのように思えますよね。
とはいえ、注意するべき点もあります。
常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、商品に重大な欠陥があるということも考えられるので、十分気を付けてください。
口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから購入を考えるとよいでしょう。
ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。
場所によっては、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。
美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。
一方、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。
しかし、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、むしろ、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。