にんにくを使ったレシピ」タグアーカイブ

にんにくを使ったレシピはスタミナ料理

にんにくは疲労回復に効果がある、というのは、多くの人が知っていることですよね。にんにくを使ったレシピはスタミナ料理と呼ばれることもあるほど、疲れた体を元気にしてくれます。それを体が知っているのか、疲れた時になぜだかにんにくが食べたくなる、という人もいます。にんにくの疲労回復効果の秘密は、ビタミンB1。ビタミンB1を初めとするビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、結果、エネルギー不足に。体を動かすエネルギーが足りなくなるから、体が疲れてしまうんですね。特にビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。にんにくビタミンB1が含まれていますが、ビタミンB1は単体では吸収されにくく、本来の力を発揮するには「アリシン」が必要なのです。にんにくのすごいところは、刻んだりおろしたりすると、このアリシンがたくさん出てくるところ。にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、疲労回復の優等生なんです。にんにくだけを食べるよりも、ビタミンB1豊富な食材と組み合わせて取り入れたほうが疲労回復効果は大。豚肉とにんにくの組み合わせは栄養面でも、味の面でも最強のコンビです。中華風の炒め物にしたり、とんかつ肉におろしにんにくを塗ってから揚げたり、アイデア次第で疲労回復レシピは無限大。火を通せばにんにくの刺激は抑えられますから、胃腸が弱い人でも大丈夫ですよ。今話題のにんにく注射ですが、実際に打ったことがある人はそう多くはないのでは?にんにく注射――響きだけでも元気になれそうですが、同時に、どんな成分からできているのか気になって二の足を踏んでいる人もいると思います。にんにく注射の成分について説明しましょう。にんにく注射は、にんにくをおろしたりつぶしたりして絞ったエキスを注射する……のではありません。名前からだとどうしてもそんな感じのものを想像してしまいますよね。ですが、にんにく注射はにんにくから抽出したエキスではなく、科学的ににんにくに似た成分の液体を作り出し、それを注射するのです。にんにく注射の主成分はビタミンB1。ビタミンB1は疲労回復に効果があるとされ、にんにくはもちろん、豚肉などにも多く含まれています。ではなぜ、“豚肉注射”ではなく、にんにく注射なのか?それは注射液からにんにくの匂いがするからです。にんにくの匂いの素は「アリシン」という成分。このアリシンが注射液に含まれていると、当然、匂いがするというわけです。病院によっては、アリシンを含まないにんにく注射もあります。にんにく注射の成分はこれ!と決まっているわけではなく、病院によって違っているのです。仮にアリシンが含まれているにんにく注射を打たれても、匂いは注射を打たれている時に、少しだけ感じることができる程度。他の人ににんにく臭いと思われるようなことはありません。安心してくださいね。疲労はイヤなものですが、私たちの体に必要なものでもあります。疲労とは、体の異変を伝えるシグナルのようなもの。疲れているからそろそろ休まなくちゃいけませんよ、という合図なのです。疲労を感じたらできるだけ早く回復するのが毎日の健やかな暮らしにつながります。疲労を回復するには、肉体疲労なら肉体を休ませなければなりませんし、精神疲労なら精神を休ませなければ意味がありません。疲労回復の方法はいろいろあります。肉体が疲れている場合は、栄養と睡眠を取るのが一番。栄養といってもただお腹一杯食べれば疲労が回復するというものではありません。バランスを考えてまんべんなく体に必要な栄養素を摂らなければ、疲労回復の効果はあまりのぞめないのです。また、食べすぎも疲労回復の敵。胃腸だって働いているのですから、がんばれば疲れます。食べすぎは胃腸に疲労を溜めるもとになるのです。特に寝る前の暴飲暴食は、本来なら寝ている間に疲労回復のために回されるエネルギーが消化に使われてしまいます。よく食べてよく寝ているのに疲労が回復しない、という人はこのパターンに当てはまっているのかもしれません。