ダイエット成功秘訣」タグアーカイブ

身体各部を測定の正しくする

身体各部を測定するというわけは、たとえ体重が減少しなくとも、横ばい状態においてどういうことが起こっているかを探るためである。
測定部位は次の各所だが、むろん裸で行う。メジャーは洋裁用の巻尺を使うといいでしょう。
☆胸  (乳首の上から)
☆腹 (へそを中心に)
☆尻 (股関節の周囲)
☆両腿 (膝と鼠頚部の中間)
こうして身体各部を測定したときには、きっとびっくりするにちがいない。測定した各部は細くなっているのに体重が減っていなかったり、逆に体重が減っているのに各部は細くなっていなかったり、全く不思議だ。まるで、数字ゲームでも見ているようで面白いですよ。
このように、身体各部を測定して役に立つことは、自分の体内で何が起こっているかがわかることである。
ダイエットが効き始めると、脂肪はエネルギーに欠くことのできない糖分に変わる。こうして、脂肪から分解された糖分は、次に肝臓に貯蔵される。これが糖原質すなわちグリコーゲンである。
そして、このグリコーゲンは血液中に出て燃焼し、エネルギーを発する。糖分は肝臓に貯蔵されても、脂肪ほど”場所”をとらないうえ、重さに変化は生じない。それで、測定した各部は細くなっても、体重には何の変化もないと思い込み、がっかりして、ダイエットをあきらめてしまうことがある。
ところが、諦めたその日に、体重が減り始めることがある。要するに体重計というのは、全てを語ってはくれないということだ。
このことを知っておきましょう。ダイエット成功秘訣の重要なポイントです。